生涯役立つ知識を!ファイナンシャルプランナーについて知ろう

そもそもファイナンシャルプランナーって何?

ファイナンシャルプランナーという言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような資格なのかイメージできないという人も多くいるのではないでしょうか。ファイナンシャルプランナーは、お金に関する幅広い知識を扱います。節税や税金だけではなく、住宅ローンや投資もファイナンシャルプランナーの守備範囲です。お金に関するありとあらゆる分野を扱い、ファイナンシャルプランナーとして生計を立てている人もいます。またビジネスだけではなく、実生活で知識を役立てることも可能です。

キャリア?生活?あなたはどう生かしますか?

ファイナンシャルプランナーは、キャリアアップして職業として活かしていくことも、自分の生活の中で役だてていくことも可能です。キャリアとして役立てたい場合には、金融業界や不動産、投資分野など幅広い分野での活躍が期待できます。自分の知識をどう社会で役立てていくかは、あなた次第です。その一方で、住宅ローンや保険など自分自身の生活の中で知識を役立てていくことも可能です。貯蓄などについても学べるので、お得に貯金をする方法を自分の知識から考えていけます。

ファイナンシャルプランナーは一生涯役に立つ!

ファイナンシャルプランナーで忘れてはいけないポイントが、一生涯役に立つ資格ということです。今の貯金や保険、投資について学びたいと思ってとった資格であっても、老後の年金などに関わってきます。一つ注意しなければならないのが、今学んだ知識が、10年後に通用するかわからないという点です。税金などのお金に関わる法律は、日々変化しています。生涯ファイナンシャルプランナーの知識を役立てたいならば、どのように法律が変わったのか変化に対応することも必要です。

cfpは財務状況や金融業界が変化する時代になっていますので、常にアンテナを張って参考書等を活用しながら勉強に臨む必要があります。