資産運用として定期預金が優れている理由3選

定期預金は資産運用の初心者でもすぐに始められる

資産運用としてはいろいろな方法が存在しますが、その中でも資産運用の経験があまりないという方でも問題なく始められるのが定期預金でしょう。これは銀行に定期預金として預けるだけですから、普通に誰でも行うことができるはずです。株やFXなどと比べると、経験も知識もいらないという点がありますし、勉強をする時間も手間もかからないでしょう。資産運用って、難しいイメージがあるかもしれませんが、そうではない方法もあるのです。

定期預金は損をするリスクが少ない

定期預金は基本的にリスクが少ないです。株やFXなどの投資方法と比べると、損をするということは考えづらいでしょう。その代わり利益の伸びはあまり期待できませんが。損をするリスクが少ないのでしょうがないですね。預けていさえいれば、金利と預けた金額によってどんどん資産が増えていくという仕組みになっています。だから、銀行が潰れたりしない限りは、損をする可能性も少ないです。資産運用で損をするのが嫌という方には特にオススメです!

定期預金は普通預金よりも金利が高い

普通預金も一応資産運用にはなりますが、金利があまりにも低いので、ほとんど資産の増加は期待できません。ただ、定期預金は自由に引き出しづらいなどの制約はありますが、普通預金よりも金利は結構高いです。金利は銀行にもよりますし、預ける金額にもよる場合がありますけど、定期預金の金利であれば、わずかずつですが、資産の増加といっていいくらいの利益には結びつくと思われますね。定期預金でかなり儲けるためには、預ける金額をかなり増やさないといけませんけど、そこまで考えていないような場合、少しでも良いから資産を増やしたいという方には、リスクがかなり少ない方法としてオススメです。

ファンドラップとは投資のサービスの一種です。専門家がアドバイスをもとに複数の投資を組み合わせて運用することをいいます。